審美歯科とは?

審美歯科治療は、歯だけでなく、心まで元気にする治療です。

審美歯科治療は、歯だけでなく、心まで元気にする治療です。 審美歯科とは、歯の機能を回復するだけでなく、歯の美しさを取り戻すことを目的とした歯科医療のことです。
審美歯科という言葉も、歯科技術の進歩とメディアの紹介によって広く使われるようになり、より身近になってきています。

そもそも歯には、食事をするという機能的な側面と、美しい歯並び・笑顔を作るという審美的な側面がありますが、ともに日常生活を送るには重要な要素です。
審美歯科とは、この両方に焦点を当て、さらに患者さんの希望を取り入れながら、患者さんに適した美を求めていく治療です。

美しい口元は、好印象を与え、笑顔にも自信がもてるようになります。
「虫歯の痛みがひどいからとりあえず治ればいいや!」
といった今までのような単なる治療ではありません。
お口の健康だけでなく、全身の健康に良い影響を与える歯科治療です。

審美の価値観は人それぞれです。
保険治療でも充分満足していただける方もたくさんいらっしゃいます。
しかし、現在の保険医療制度では、全ての患者さんのニーズに合った治療はできないのが事実です。
健康など長期的な事を考えると審美歯科治療の多くは自費治療になってきます。
金銭的な側面もありますが、その時に考えられる治療法の選択肢の幅を広げて考えることも大事です。
その中で本当にご自身で納得できる治療法を選んでいただきたいと思っています。

ご希望に合わせて治療プラン・費用・期間などをともに考え、美しい口元を手に入れましょう。

審美歯科をお考えの方はこちらを御覧ください

銀歯が気になる方

改善方法:セラミッククラウン法

セラミッククラウン法とは、短期間で歯並び、歯の色や形を美しくしあげます。
色の変わってしまった歯や、大きさが不揃いの歯、隙間のあいている歯、歯並びのよくない歯、根だけしか残っていない歯まで対応可能です。審美歯科治療の中でも、とりわけ美しく自然な仕上がりを求める方に最適な治療法です。

メリット 自然な光を透過する優れた美しさをもつ。
金属を一切使わないため、金属アレルギーの方にも安心。
かぶせ物周辺の歯肉の健康も維持できる。
汚れ(プラーク)が付着しにくい。
歯並びをある程度整えることが可能
デメリット 歯ぎしりのある方、咬み合わせの状態などによっては、割れるリスクが高くなるので利用できない場合がある。
歯を削る量が多い。
セラミッククラウン法 セラミッククラウン法の料金














※少しでも歯を削る量が少ない方が歯の寿命は延びます。
最初から削って歯並びを改善するより、部分矯正をあらかじめ行うことで最小限の削除量で済みますし、より高い審美性を得ることが可能です。
改善方法:セラミックインレー法

根管治療の後に入れるグラスファイバー製の土台で、審美性を高めるに加えて残っている歯を守る方法です。

メリット 自然で天然歯に近い色調を再現することが可能。
また、金属の溶出の心配もなく、歯肉の着色が起こらない。
デメリット 保険適応ではなく、さらにかぶせ物も保険外になる









メタルコアとファイバーコアの比較

image1
メタルコア(保険診療)
image2
ファイバーコア(自費診療)
 




 
同じかぶせ物(セラミッククラウン)を入れた場合
image1
メタルコア
中の金属が透けて見えるので暗くなります。
image2
ファイバーコア
金属を使用していないので自然な色が表現できます。
 
 残っている歯への影響
image1 image2

金属製の土台は柔軟性がないため、強い力がかかると土台が壊れず、自分の歯が割れて歯根の破折を起こす場合があります。
ですが、ファイバーコアはグラスファイバーの繊維の束で、柔軟性があり象牙質に近い弾性をもつため、強い力がかかっても歯根の破折が起こりにくくなります。
破折してしまうと、ほとんどのケースで抜歯になってしまいます。
抜歯になってしまうと、通常のかぶせ物はもうできません。


 
改善方法:セラミックインレー法

セラミックインレーとは、セラミック(陶器・焼き物)で出来た詰め物(インレー)で、これをセメントで接着する方法です。

メリット 透明度が高いので審美性が良く、ほとんど変色しない。
汚れ(プラーク)が付きにくい。
金属を使用しないので、金属の溶け出しによる歯や歯ぐきの変色、金属アレルギーなどが起こる可能性がない。
デメリット 金属より強度が劣るので割れるリスクが高くなる。
金属より厚さを確保しなければいけないので、歯を削る量が多くなる。
セラミックインレー セラミックインレーの料金
セラミックインレー 症例
image1
メタルインレー(保険治療)
image2
セラミックインレー(自費治療)
 

 
改善方法:セラミックインレー法

ダイレクトボンディング法とは、歯科用レジン(プラスチック)を直接歯に盛り足して、歯の形態や色を回復させる治療法です。
術式自体は、保険のコンポジットレジン充填(白い詰め物)とほぼ同じなのですが、ダイレクトボンディングは1本の歯に複数の色のレジンを使用します。
かつ保険診療で使用するレジンより審美性や耐久性に優れた質の高いものを使うことで、より自然な歯に仕上げることが可能です。

メリット 透明感や明るさの異なる豊富な色を使用するため、自然な歯を再現できる。
保険適用プラスチックより耐久性が高く変色しにくい。
被せ物による治療と比べて、歯を削る量が少ない。
短期間での治療が可能である。(基本的に1~2回)
他の審美治療(オールセラミッククラウン、ラミネートベニア、矯正など)より経済的。
デメリット 長期の使用により、多少の変色がみられる。(定期的なメンテナンスにより改善できる)
大きな範囲の治療には適さない。(適応症に限界がある)
広範囲を修復した場合、欠けたり磨り減ることがある。




















適応する方
なるべく歯を削らずにきれいにしたい方
前歯が少しかけてしまった方
小さな虫歯をきれいに治したい方
前歯に隙間がある方
以前に詰めた金属やプラスチックの変色が気になる方
 
ダイレクトボンディング治療では、美しい歯を再現するために何種類もの色を少しずつ重ねていきます。
当院では、幅広い症例に対応できるようセラミックでも定評のあるIPS エンプレス ダイレクトを使用しています。

すきっ歯または歯並びが気になる方

改善方法:ラミネートべニア法(症例によってはクラウン法、矯正法も可能)

歯の表面を薄く削り、その上に薄い板のようなセラミック製の板を貼っていきます。
例えると、付け爪のような具合です。
よく前歯などの隙間の修復や、変色した歯の色を改善する場合などに用います。

メリット 歯を削る量が少ない・痛みを伴いにくい・色戻りする心配が少ない
デメリット 割れることがまれにある。
健康な歯を削らなければいけないことが多い。
ラミネートべニア法 ラミネートべニア法の料金

メタルフリーとは

最近では健康意識も高まり、以前治療した保険の銀歯や銀色の詰め物をセラミックに取り替えるメタルフリーを希望される方が増えてきたのを実感します。
特に女性の方が多く、人と話をしたりする際に金属部分がキラッと光ったり、金属自体が変色し黒くなり虫歯の様に見えるのが、とても恥ずかしく気になるということを耳にします。
歯を気にして口元を隠しながらお話をされたり、黒ずみが恥ずかしくてできるだけ口を開けて笑わないようにされている方は多いのではないでしょうか?

お口元のコンプレックスは、セラミック等の審美歯科治療で解決できます。

クラウン(被せもの)素材表

メタルクラウン 白金 金・金合金 セラミック 硬質レジン
一般に銀歯と呼ばれるもので、保険治療のときに使用します。 セラミックスとレジン(プラスチック)の混合材によって作り上げたものです。
金属フレームタイプとフレームなしタイプがあります。
しなやかで軟らかい金合金を素材としたものです。
主に奥歯に使用します。
金属のフレームにセラミックを焼き付けたものです。 金属を全く使用せず、全てをセラミックで作り上げたものです。
メリット
保険適用内で安価。
メリット
セラミックスの硬さとレジンの軟らかさを持ち、その弾性は自然歯のような噛み心地で、咬み合う歯を痛めることもありません。
メリット
強度が強く、ほとんどの部位に使用できる。
適合が良く、二次的な虫歯になりにくい。
歯肉の変色、金属アレルギーなどが起こる可能性が低い。
歯に近い硬さのため、咬み合う歯に優しい。
メリット
強度があるため、咬む力の強い方でもある程度使用可能。
年数が経っても変色しない。
メリット
自然な光を透過する優れた美しさをもつ。
金属を一切使わないため、金属アレルギーの方にも安心。
歯肉とのなじみも良いため、かぶせ物周辺の歯肉の健康も維持できる。
デメリット
審美性が良くない。
経年的に微量ではあるが、金属が溶け出し、変色やアレルギーを引き起こすことがある。       
デメリット
プラスチックが混ざっているため徐々に変色する。
フレームに使用する金属の種類によっては、金属アレルギーを引き起こすことがある。
部位によっては擦り減り、割れやすい。
デメリット
審美性が良くない。
デメリット
経年的に金属が露出して歯肉との境目が黒く見えてくる。
フレームに使用する金属の種類によっては、金属アレルギーを引き起こすことがある。
元の歯や咬み合わせの状態によっては、自然な歯の透明感が思うように出ないことがある。
デメリット
歯ぎしりのある方、咬み合わせの状態などによっては、利用できない場合がある。

ハイブリッドセラミックとは

ハイブリッドセラミックとは、レジン(プラスチック様の素材)とセラミックを混ぜ合わせた素材のことです。
車の「ハイブリッドカー」がガソリン車と電気自動車の中間という意味なのと同じで、ハイブリッドセラミックは保険適用のレジン(プラスチック様の素材)と 保険適用外のセラミックの中間の材料です。
レジンよりも変色しにくく自然な仕上がりで、セラミックよりも安価であるという利点がありますが、完全なセラミックではないので透明感や耐久性は劣ります。

各セラミック素材と治療方法に関して

素材/治療方法 インレー
(詰め物、部分的な歯)
クラウン
(被せ物、差し歯)
ブリッジ(架工義歯) ラミネートべニア
(前歯の表面に薄く貼り付ける)
ハイブリッドセラミック
メタルボンドセラミック × ×
ジルコニア × ×
オールセラミック
オールセラミック
(ジルコニアフレーム)
× ×
(○:適する / ◎:特に適する / ×:不可)

歯を白くしたい方

改善方法:ホワイトニング

ホワイトニング ホワイトニングとは、歯の表面に専用の薬剤を塗布し、歯を白くする歯科治療のことです。
歯ブラシやクリーニングでは落ちない歯の着色を、歯を削ることなく本来の歯の色にすることが可能です。
ホワイトニングには、自宅でできる「ホームホワイトニング」とクリニックで行う「オフィスホワイトニング」、両者を組み合わせた「ディアルホワイトニング」とがあります。

ホワイトニングは、見た目だけではなく、歯周病の改善や虫歯の予防に効果があると論文で述べられています。

当院のホワイトニングについて

歯の黄ばみ・着色や、タバコのヤニなどの汚れが気になる方

改善方法:PMTC

PMTCとはProfessional Mechanical Tooth Cleaningの略で、専用の器械を用いてタバコのヤニやバイオフィルム(細菌の塊)などの普段自身では取りきれていなかった歯の汚れを、1本1本キレイにクリーニングする治療法です。
キレイにクリーニングすることで歯も思っているよりも白くなりますし、見た目だけではなく、歯周病や虫歯など、歯の健康を守っていくことができます。
また、口臭予防になったり、歯に汚れをつきにくくする効果もあります。

フジセデンタルクリニックでは、エステサロン感覚でPMTCを受けていただけるよう専用の個室をご用意しております。
お仕事の帰りに、お買い物帰りに。

PMTC

医院案内

  • HOME
  • 当院の特徴
  • 医院風景・設備紹介
  • スタッフ紹介
  • 診療案内
  • 予防歯科
  • 一般歯科
  • 歯周病治療
  • 口腔外科
  • 矯正歯科
  • 義歯
  • インプラント
  • 審美歯科
  • ホワイトニング
  • カウンセリングの流れ
  • アクセス・医院概要
  • 今週の一枚
  • 料金案内
  • 採用情報

新着情報

一覧を見る

2016/12/12

年末年始の診療日のお知らせ
年末は12月28日13:30まで診療、
年始は1月4日から診療開始となります

白い歯、健康的な歯茎を手に入れたい方のための情報サイト 「銀歯から白い歯へ!」
モバイルサイトのご案内