虫歯治療

虫歯

健康な状態では「脱灰」と「再石灰化」の力は拮抗していますが「脱灰」に働く力が強くなったり、「再石灰化」に働く力が弱くなったときは脱灰が進んで歯が溶かされ、虫歯ができてしまいます。
初期の段階ですぐに治療を行いましょう。 虫歯にも様々な段階があります。

長く自分の歯を保つために段階に応じた治療を行いましょう。

虫歯の段階
C0

    C0

・表面が白っぽく見える、ごくごく初期の虫歯です。


・この段階では、再生能力があるため、削らずにフッ素やシーラントで対応します。


・1回の治療で終わります。

C1

    C1

・表面の硬いエナメル質に穴があきます。自覚症状はありません。

・虫歯だけをとり、コンポジットレジン(白いつめ物)で治療します。



・治療回数は通常、1回です。

C2

    C2

・歯の内部(象牙質)部分まで穴があきます。冷たい水がしみるようになります。
・コンポジットレジンかインレー(虫歯を削った後にはめ込む詰め物)で治療します。


・治療回数は通常、1回または2回です。

C3

    C3

・虫歯が神経に到達し、強い痛みを感じるようになります。


・虫歯治療だけではなく、根管治療が必要になってきます。
根管治療が終わった後、詰め物または被せ物により修復します。
・治療回数は、通常、4~5回かかります。

C4

    C4

・歯の神経が破壊されてしまい、細菌に感染し歯の根に膿が溜まります。

・通常、抜歯となります。





・歯を残す場合は、根管治療や部分矯正など期間がかかる治療を行わなければなりません。

歯周病治療

歯周病
「歯ぐきが腫れた」「歯ぐきから膿・血が出る」「歯がぐらぐらする」「口臭がする」

などの症状は、歯周病の可能性があります!
まずは検査、それから歯周病の治療をしましょう。


家を建てる時、基礎工事に手を抜くと、傾いたり最悪な場合崩れてしまいます。
それは歯でも同じことです。
家は、地盤がしっかりしていなければ建てられません。地盤が不良な場合は地固めし、土壌改良しなければなりません。歯にとっても、根の周りの骨は歯を“生かす”大切な地盤で、不良であれば治療しなくてはならないのです。

歯には、目に見える部分以外にも、神経の通った根があります。
歯周病が進行すると、その歯の根まで細菌に冒されることがあり、きちんとした治療をしておかないと後々「噛めない」「ぐらぐらする」など様々なトラブルが出てきます。

つまり、歯周病治療は建築でいう“基礎工事”なのです。


虫歯の段階
歯周病の段階1

1.

プラーク(歯こう)がたまり、歯肉に炎症がおきます。

歯周病の段階2

2.

歯石が沈着し、歯周ポケットがふかくなります。

歯周病の段階3

3.

歯槽骨が溶け始め、歯石が歯周ポケットの中まで付着します。

歯周病の段階4

4.

歯を支える骨がなくなり放おっておくと歯が抜けます。歯ぐきが下がり、膿が出て口臭がひどくなります。

PMTC
歯周病治療の基本は歯のお掃除になります

主な歯周病の原因は、口腔内の細菌が作る歯垢(プラーク)です。
歯周病菌を含んだ汚れが付いていれば、どんな薬を塗っても、飲んでも、一時的に痛みはとれますが、治ることはありません。

  
細菌の温床であるプラークを取り除くことができれば、歯周病は治ります

磨き残しの歯垢(プラーク)は、そのまま放っておくと歯石となります。
歯周病の治療を行う際に、一番重要な事は、この歯垢(プラーク)と歯石を隅々までしっかりと除去し、清潔な口腔内環境を維持する事です。


・スケーリング・・・超音波などで歯石を除去する方法
ブラシでは届かない歯周ポケットに長時間かけて蓄積されてしまった歯石は、歯科医院で特別な処置(スケーリングなど)を行わなければ、完全に除去する事はできません。
歯石取りなどは「痛い」というイメージを持たれている方も多いです。
当クリニックでは、スイスのEMS社のパワーコントロールのついた超音波スケーラーと、微細なパウダーでプラークを除去するエアフローを導入していますので、患者さんに合わせて、極力痛みを少なくし、治療することが可能です。


歯周病はとても再発しやすい病気です。
そして、歯周病治療は、結果がすぐには出にくいので、少々根気が必要です。
また、ご自宅でのセルフケアが結果を大きく左右しますので、正しい歯磨きの仕方を歯科衛生士が指導いたします。



治療後はスケーリングやPMTCを定期的に受け、歯周病予防をしましょう!!

根管治療


根管治療(根っこの治療)とは、歯根治療とも呼ばれます。
神経までむし歯が到達してしまった場合、神経をきちんと取り除き、神経が通っていた管(根管)の中を、空洞ができないように密封する治療のことです。

根管治療の重要性
残念なことに、虫歯という病気に気が付きながらも放っておく方が多いのが現状です。
しかし、放っておいては大変危険です。
虫歯は自然治癒することはないので、治療が必要になります。
ずっと放っておくと虫歯は歯の神経にまで進行し、激しい痛みをともなうようになり、最終的な場合、神経が死んでしまうのです。

根管治療は、虫歯になった歯を、抜かずにいかに「残すか」という治療です。
神経にまで虫歯が進行してしまうと、単に歯を削るだけの治療では済みません。
抜歯か根管治療をすることになります。

もちろん、痛みの原因となる歯を抜いてしまえば、すぐに痛みは治まります。
しかし、歯を抜くことは、痛みを取り去るための一時しのぎといえます。
歯は、1本でもなくなると歯並びに影響を与えるため、安易に抜歯はおすすめできません。
また、抜いてしまうと差し歯もできません。
差し歯を入れるためには費用をかけてインプラント治療をする必要が出てきます。
一方、根管治療は治療に時間がかかりますが、大切な歯の寿命に大きく関わってきます。

根管治療は、歯周病治療と同じように歯の土台造りとなり歯科治療の基礎にあたる部分です。
目に見える所だけ良質な治療を行なっても、、適切に根管治療が行われいない歯は長持ちしません。
再びかぶせ物を外して治療するか、最悪の場合抜歯に至ります。
根管治療が適切に行われていない場合は、歯の根の先端に膿がたまり、徐々に骨を溶かしていきます。


誰でもできることなら歯を失いたくはないでしょう。
根管治療は複雑で難しい治療ですが、歯を守るためには必要なのです。

もし、「歯の根の部分に違和感を感じる」「噛んだら痛い」などの症状がありましたらご相談ください。




image1 根管は見えない部分でかつ複雑な形をしているため、時間のかかる治療です。

当院ではより早く、正確に根管治療できる最新のシステムを導入しています。
image2image3

治療例

一時的な痛みは出やすいですが、根の先端まできれいにして、封鎖することが後の歯の寿命にかかわってきます。

 
治療前
治療後







 







 

根管治療の必要がないように予防の意識を高めましょう!!

歯を木に例えると、“生きた”木は土から養分を吸収しているため、なかなか折れることはありません。しかし“枯れた”木は、どんなに太くて丈夫そうでも、“生きた”木に比べれば折れやすくなります。

歯も同じく、神経を通して栄養(養分)をもらい “生きて”います。ですが、神経が死んでしまえば栄養を得られず、歯がもろくなってしまいます。
歯が割れるリスクが高くなることに加えて、しみたりする感覚がなくなるので虫歯になるリスクが高くなります。

神経があることはとても大事なのです。

口腔外科

主な治療内容

・抜歯(虫歯、親知らず等)
・歯の移植(自家歯牙移植)
・歯の再植(歯牙再植)
・舌小帯・頬小帯の形成手術
・インプラントの埋入手術
・骨造成(GBR)法
・歯周外科(歯周病・審美)

親知らずの抜歯について

親しらず


親知らずの抜歯に最も適した年齢は18~21歳ごろです

この年齢を過ぎると根が完成してしまうので、抜歯の難易度が上がってきます。
治りももちろん早いので、痛みがないこの時期に抜くことをお勧めいたします。

もちろんこの年齢ではなくても、親知らずが周りにトラブルを起こしている場合は抜いたほうがいいです。


親知らずの生え方は様々ですが、現代人は顎の大きさが小さいため、真っすぐに生えられず骨の中で横向きにひっかかっている場合が多いです。

親知らずの問題点


正常に咬み合って何の問題もない親知らずであれば抜く必要はありません。
むしろ移植のために大事にすべきです。
しかし、以下のようなトラブルを起こしているような場合は、「親知らず」を抜いてその他の正常な歯の健康を維持したほうが良い場合があります。

1 歯茎が腫れる
  親知らずはブラシが届きにくく磨き残しが多いと、不潔になり歯茎が腫れたりしやすいです。
  放ったままにしておくと手前の健康な歯をも失うことがあります。

2 虫歯になる
  ブラッシングが難しいため親知らずが虫歯になりやすいのはもちろん、手前の歯が虫歯になることがあります。

3 歯周病がすすむ
  
ブラッシングが難しいため歯肉炎から気づかないうちに手前の歯が歯周病になることがあります。 

4 
下の歯茎を噛んでしまう
  歯は接触する所まで出てくる性質があります。
  上の親知らずの場合は下の歯と咬んでいないと下の歯茎を咬みこみ、傷を作ってしまうことがあります。

5 歯が前に倒され、歯並びが悪くなる
  真っ直ぐ生えていない親知らずに手前の歯が押されて歯並びが悪くなることがあります。
  かみ合わせが悪くなり、顎関節症や体のバランスが崩れることがあります。

※特に人生に大きく影響を与える時期(大学受験・就職活動など)に、
  痛みが継続的に発生する可能性があります。


親知らずが痛むようであれば早く抜く事をおすすめします。
フジセデンタルクリニックではCT撮影が可能です

CTは通常のレントゲンとは異なり、立体的に歯の形・神経との位置関係を診断することが出来ます。
より確実に診断することで、最善の治療方法を導き出すことが可能となります。

パノラマレントゲン(通常)


CT(3D)画像


※神経に近いケースのCT撮影は、保険適用です


親知らずは放おっておくと、様々な問題を誘発させる可能性があります。
可能な限り痛くなる前に検査をし、今後の処置について相談してください。

アフターケアの指導や親知らずの注意点等もわかりやすく説明させていただきますので、お悩みの方は、一度フジセデンタルクリニックへお越しください。

 

歯の移植(自家歯牙移植)について

残せない歯、または失った部位に、ご自分のお口の中にある歯を移し変える治療です。
奥歯の失われた部位に親知らずを利用する場合がほとんどです。

通常は、1本の歯が抜歯になってしまうとブリッジになることが多くなります。
しかし、ブリッジには欠損歯の両隣の歯を多く削らなくてはならない欠点があります。
これに対して今ではインプラントが選択されています。
インプラントはブリッジのように両隣の歯を削らずにすむという大きな利点があります。
しかしインプラントそのものは、どんなに品質が良くなったとしても人工物には変わりありません。
治療が成功すれば、もともと生えている歯と歯周組織の状態はほとんど同じ状態になりますので、骨と直接結合しているインプラントよりも自然な噛み応えが得られます。
ただし、治療の成功には移植する歯の状態が大きく影響を及ぼしますので、自家歯牙移植の適応症は非常に限られてしまいます。
親知らずがあったとしても、必ずしもできる治療ではないということです。
そして、抜いてみなければ分からないことが多く、術前には不確定な要素が多いことも、デメリットとしてあげられます。

デメリットもありますが、自分の歯で噛めるということはとても大事なのです。
どんなに優れた義足も本当の足にはなれません。
いずれは義足になるとわかっていても、使えなくなるまで自分の足で歩きたいですよね。


咬み合わせに関係していない親知らずを移植したケース

パノラマレントゲン
 

移植前
移植直後
治療後
 
 
 










当院は、移植できる歯があれば、まずブリッジやインプラントよりも自家歯牙移植という治療法をおすすめします。

※ケースによっては保険適応です

 

医院案内

  • HOME
  • 当院の特徴
  • 医院風景・設備紹介
  • スタッフ紹介
  • 診療案内
  • 予防歯科
  • 一般歯科
  • 歯周病治療
  • 口腔外科
  • 矯正歯科
  • 義歯
  • インプラント
  • 審美歯科
  • ホワイトニング
  • カウンセリングの流れ
  • アクセス・医院概要
  • 今週の一枚
  • 料金案内
  • 採用情報

新着情報

一覧を見る

2016/12/12

年末年始の診療日のお知らせ
年末は12月28日13:30まで診療、
年始は1月4日から診療開始となります

白い歯、健康的な歯茎を手に入れたい方のための情報サイト 「銀歯から白い歯へ!」
モバイルサイトのご案内