歯科デザイナーコラム

2015年4月22日 水曜日

フジセデンタルクリニックの初夏の風物詩

pic20150422220542_1.jpg

pic20150422220542_2.jpg

pic20150422220543_3.jpg


この時期「この花はなんですか?」とよく聞かれます。


「なんじゃもんじゃという木です」

開花時期が4月下旬~5月下旬頃のわずかなんです。
正式名称「ヒトツバタゴ」といい、通称「なんじゃもんじゃの木」は、満開期になると雪をかぶったようになり、プロペラ型の可憐な白い花を咲かせます。桜のようにアッという間に散ってしまいます。
明治時代、明治神宮外苑の道路沿いにこの木があり、名前がわからなかったので
「何の木じゃ?」と言われているうちに、いつしか「なんじゃもんじゃ」という変わった名前の木になったといわれています。
フジセデンタルクリニックでぜひ見つけてみてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 フジセデンタルクリニック   歯科デザイナー 藤瀬 恭平 | コメント(0) | トラックバック(0)

コメントする

名前:

メールアドレス:

コメント:

トラックバックURL