歯科デザイナーコラム

2015年2月18日 水曜日

奥歯のダイレクトボンディングについて

image1 image2

ずっとメンテナンスで来ていただいている患者さんから「歯が折れた」という電話があり、対応しました。










 

レントゲンを診てみると、破折も一部で神経には問題ないと診断しました。

ここで、処置をどうするかを考えなければいけません。
大きく2つです。

1.コンポジットレジン(詰め物)で処置する
2.インレー(型をとって装着する)で処置する。

今回は、コンポジットレジンで処置しました。

理由は1つ。

「虫歯ではない歯を削りたくない!!」

と思うからです。

 
image1 image2

もちろん、破折次第ではインレーにもクラウンにもなりますが、今回はこの選択をしました。
インレーにするとかなり歯を削りますから。。。。

この場所は、白くしたほうが映えますね。

経過が良いこと願っています。


 

このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 フジセデンタルクリニック   歯科デザイナー 藤瀬 恭平 | コメント(0) | トラックバック(0)

コメントする

名前:

メールアドレス:

コメント:

トラックバックURL