歯科デザイナーコラム

2013年2月26日 火曜日

審美とは?

こんばんは、歯科デザイナーの藤瀬です。

今回は、症例を1ケース。
この方はご高齢にもかかわらず、半年間通い続けていただきました。
抜歯、根管治療、歯周外科、補綴と全て保険治療で行いました。

初診時



治療後




セラミックが審美の全てではありません。
根本的に美の基準は、個人の価値観で大きく違います。

しかし、全てを患者さんの価値観に合わせても上手くいきません。
その人の価値観をしっかり把握しながらも、必要なことはきちんと説明して納得してもらい、治療を進めていくことが重要だと思っています。

自分が考える審美とは、見た目はもちろんですが、機能の回復つまり健口な状態です。
歯磨きがしにくければ、いずれ虫歯や歯周病がすすみ、トラブルを起こしてきます。
そうならないように、健康な歯で楽しく過ごしてもらえるように、これからサポートしていくのも自分たちの使命です。


次回のメンテナンスも楽しみにお待ちしています。

これからも末長いお付き合いを!!




このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 フジセデンタルクリニック   歯科デザイナー 藤瀬 恭平 | コメント(0) | トラックバック(0)

コメントする

名前:

メールアドレス:

コメント:

トラックバックURL