歯を失ってしまった時の選択肢

歯を失ってしまった時には、ブリッジ・入れ歯・インプラントの、3つの診療があります
インプラント 入れ歯 ブリッジ
メリット
硬いものもよく噛める
見た目が美しい
周りの歯を傷めない
顎の骨がやせない
メリット
早く簡単に治療できる
周りの歯を削らずに済む(義歯の安定のため少し削ります)
メリット
取り外しがなく咬み合わせを回復できる
違和感が少ない
デメリット
外科手術を伴う
治療に時間がかかる
全身疾患がある場合には治療できないことがある
保険が適用されず費用が高額
デメリット
硬いものがしっかり噛めないことがある
取り外しのため外れることがある
保険の義歯はひっかける針金があるため、審美性があまりよくない
違和感があり慣れるまで発音しにくい
デメリット
両隣の歯を削る必要がある
両隣の歯を支えにするため負担がかかる
清掃が行き届きにくい
患者様に最適な治療をご提案します

フジセデンタルクリニックでは、まずカウンセリングを行いお口の状態を確認し、ご要望やご予算などをおうかがいし、インプラント治療が最適な方法と判断した場合のみ行います。
治療に不安がある場合や他の治療をご希望の場合には、他の治療のご提案ももちろん可能ですのでご安心ください。

インプラントについて 入れ歯について ブリッジについて

ブリッジについて

ブリッジは、歯が抜けてしまった場合に両隣りの歯を削って、橋渡しをするように人工の歯を入れて修復する方法です。
こうすることによって、抜いた部分に歯と同じような形を作り、抜く前と同じような噛み合せや形を取り戻すことが出来ます。

残っている歯に負担はかかりますが、固定式のため装着感もよく、取り外しの義歯と比較するとしっかり咬めます。

ブリッジの種類

image1
金銀パラジウム合金(保険)
前歯の場合、表側はプラスティックですが白くできます
 
image2
オールジルコニア(Z冠)
色が限定されるので前歯にはお勧めできません
 
 

 
image1
ゴールド
審美性以外は非常に歯には良い材料です
 
image2
オールセラミック
最も、自然な歯に近い形で回復できる材料です
 

※ブリッジの価格は、クラウンの料金×歯の本数になります

※欠損部位や残存歯の状態によってはブリッジの適応にならない場合もございますので、一度ご相談ください。


 

義歯について

歯周病や虫歯によって歯を失った場合、その部位には速やかに歯の代わりになるものを補わなくてはなりません。
失ったままにしておいた場合、歯のない部位では咬むことが出来ないため、 バランスの悪い咬み方が癖になります。
その結果、アゴを取り囲む筋肉の使われ方のバランスも 悪くなり、顎関節症になったり顔が歪んでしまったりと いった経過をたどることも決して珍しくありません。
残っている歯の状態やアゴの骨の状態によっては、 ブリッジやインプラントの様な固定性の装置を使うことが 難しい場合があり、その場合には着脱式の義歯を使っていただくことが必要となります。

当院で扱っている入れ歯の種類

義歯には、大きく分けて総義歯と部分義歯の2種類があり、使用する材料によって保険適用の有無、費用も異なります。
義歯をお考えの方は、一度ご来院されカウンセリングをさせていただきながら、ご要望に応じた義歯をご提供させていただきます。
お気軽にご予約ください。

医院案内

  • HOME
  • 当院の特徴
  • 医院風景・設備紹介
  • スタッフ紹介
  • 診療案内
  • 予防歯科
  • 一般歯科
  • 歯周病治療
  • 口腔外科
  • 矯正歯科
  • 義歯
  • インプラント
  • 審美歯科
  • ホワイトニング
  • カウンセリングの流れ
  • アクセス・医院概要
  • 今週の一枚
  • 料金案内
  • 採用情報

新着情報

一覧を見る

2016/12/12

年末年始の診療日のお知らせ
年末は12月28日13:30まで診療、
年始は1月4日から診療開始となります

白い歯、健康的な歯茎を手に入れたい方のための情報サイト 「銀歯から白い歯へ!」
モバイルサイトのご案内